色々な数字を比較してみたら面白い発見があったw

日常生活の中でも色々な数字を目にするけど、改めて他の数字と比べてみると思わぬ発見があったりするもの。

今回は、僕が発見?した「面白い比較結果」を紹介するよ!

北海道大学と日本

日本の面積は、およそ378,000 km²

北海道大学の面積は、およそ660km²

つまり、日本の国土の「およそ570分の1」は、北海道大学が占めている。
 

世界最強の磁石とピップエレキバン

つい先日、「世界最強の磁石」が誕生した。

その磁束密度は、45.5テスラだという。

一方、ピップエレキバンMAX200の磁束密度は200ミリテスラ

つまり、世界最強の磁石は、ピップエレキバン228個分の強さでしかない。
 

ペンゲーとドル

ハンガリーの通貨「ペンゲー」は、第二次世界大戦後ハイパーインフレにより貨幣価値が著しく下落した。

後期の16年間で、貨幣価値は1垓3000京分の1(130,000,000,000,000,000,000分の1)になったという。

「1垓ペンゲー紙幣」という超高額紙幣も実際に流通したが、その貨幣価値はわずか「0.2アメリカドル」ほどだった。
 

イニエスタと浦和レッズ

イニエスタの年俸は32億円。

これは、浦和レッズの全選手の年俸合計額(10億8080万円)の2.96倍。

(↓こちらの記事の執筆時点の数字)


みんなも面白い発見をしたらぜひ教えて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました