【悲報】昨日放送された「女芸人No.1決定戦 THE W」が、めちゃくちゃ評判悪い件

12月11日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系、午後8:00)の評判がよろしくないようだ。(あらかじめ言っておくが、僕はこの放送を見ていない。)

優勝者はゆりやんレトリィバァ(27)。優勝賞金は1000万円だというから、あなどれない大会のはずだった。

the-w

表示できません - Yahoo!ニュース

ではこの大会、どうして評判が良くないのだろうか。

わざとらしい「笑い声のSE」

原因の一つに挙げられているのが、わざとらしい「笑い声のSE(効果音)」。
バラエティー番組では時々用いられる手法だ。

しかし今回の大会は、生放送だった。そこで出場者がネタを披露している最中に適当に笑い声を足していたようなのだが、これが見ていた人の反感を買っている。

以下、ネット上の声を拾ってみた。

「笑い声足すのやめて下さい。ネタが全く笑えないので芸人さんに失礼です。」

「確かな笑い声の足しはいりませんね。リアルな笑いが良いのに。」

「ネタをちゃんと見たいんだけど、客の笑いが不自然すぎて、入ってこない。」

などなど。

多分、視聴者の目は肥えている

多分番組関係者が思っているよりも、視聴者の目は肥えているのだ。

最近はいわゆる「ネタ見せ番組」が減ってしまった気はするが、それでもM-1グランプリを始めとする(そこそこ)質の高い大会は存在する。今あえて「ネタ見せ番組」を見ようという人は、厳しい目を持っているのだ。

もっと言ってしまえば、日本テレビの慢心なのかもしれない。
数少ないネタ見せ番組である『エンタの神様』がまずまず好評なせいもあるだろう。そう言えば、「笑い声のSE」というのは『エンタの神様』の常套手段だったではないか。

もっと「丁寧な」番組作りを

それでも視聴率は13.1%を記録したというのだから、次回以降も開催されるのかもしれない。もし開催されるのであれば、もう少し丁寧な番組作りをして欲しい。

安易な「女性」限定というウリや笑い声のSEによる盛り上げなどは、視聴者は望んでいないのだ。

 

(トップページへ)

Peaky Speaky | 面白動画、面白映像、ニュース etc. 退屈な日常にちょっとだけ刺激を

コメント

タイトルとURLをコピーしました